会場内のご案内

4F 会場案内図

画像をクリックすると拡大表示します。

5F 会場案内図

画像をクリックすると拡大表示します。

加齢や病気、障害によってかんだり飲み込んだりすることが困難になった方のための、やわらかく飲み込みやすい食品や、液体にとろみをつけるためのとろみ調整食品などです。食が細くなり、 十分な栄養が摂りづらくなった方のための、たんぱく質やエネルギー、ミネラルなどを補給できる食品もあります。


腎臓のはたらきが悪くなる病気を慢性腎臓病(CKD)といいます。慢性腎臓病の進行を抑えるためには、日常の生活習慣の改善、薬物療法や血圧コントロール、食事療法が重要ですが、その食事療法を助けてくれる食品がたんぱく質調整食品です。

~慢性腎臓病の食事療法の基本~
①たんぱく質の制限、②適切なエネルギーの確保、
③減塩、④カリウム、リンの制限
※食事療法は医師や栄養士などの指導により、一人ひとりのからだの状態にあわせて行ないます。


インスリンというホルモンが不足したり適切に働かないことによってブドウ糖が上手に利用できず、血液中のブドウ糖が必要以上に多くなっている状態を糖尿病といいます。糖尿病の進行を抑えるためには、食事療法や運動療法、薬物療法を行いますが、食事療法が土台となります。その食事療法を助けてくれる低カロリーの食品です。

~糖尿病の進行を抑える食事療法の基本~
①適正なエネルギー量の摂取、②1日3回規則正しく食べる、
③バランスよく食べる
※食事療法は医師や栄養士などの指導により、一人ひとりのからだの状態にあわせて行ないます。


加齢や病気、障害によってかんだり飲み込んだりすることが困難になった方のための、やわらかく飲み込みやすい食品や、液体にとろみをつけるためのとろみ調整食品などです。食が細くなり、 十分な栄養が摂りづらくなった方のための、たんぱく質やエネルギー、ミネラルなどを補給できる食品もあります。


腎臓のはたらきが悪くなる病気を慢性腎臓病(CKD)といいます。慢性腎臓病の進行を抑えるためには、日常の生活習慣の改善、薬物療法や血圧コントロール、食事療法が重要ですが、その食事療法を助けてくれる食品がたんぱく調整食品です。

~慢性腎臓病の食事療法の基本~
①たんぱく質の制限、②適切なエネルギーの確保、
③減塩、④カリウム、リンの制限
※食事療法は医師や栄養士などの指導により、一人ひとりのからだの状態にあわせて行ないます。


インスリンというホルモンが不足したり適切に働かないことによってブドウ糖が上手に利用できず、血液中のブドウ糖が必要以上に多くなっている状態を糖尿病といいます。糖尿病の進行を抑えるためには、食事療法や運動療法、薬物療法を行いますが、食事療法が土台となります。その食事療法を助けてくれる低カロリーの食品です。

~糖尿病の進行を抑える食事療法の基本~
①適正なエネルギー量の摂取、②1日3回規則正しく食べる、
③バランスよく食べる
※食事療法は医師や栄養士などの指導により、一人ひとりのからだの状態にあわせて行ないます。